日ッテレさんがやってきた!


2001年4月30日
放送は2001/5/7
ニュースプラス1(関東ローカル)ですって!


日本テレビさん(ニュースプラス1)で「究極のトマト特集(仮題)」をするということで、 なんと、当店も取材をうけましたd=(^o^)=b!

「何故、当店が・・・?」

そうですよね〜〜。高知でも、フルーツトマトをもっと売っている有名な店もあるんですが、これもネットの力!!

皆様のおかげで当店もネットの世界では、結構フルーツトマトを販売している、そして、こだわった商品(狼桃など)を産直で販売しているという評判をいただいているようなんです(*^.^*)

ありがとうございます!!
努力の甲斐がやっと・・・(-_-)(;_;)(;。;)(;O;)(TOT)

今回は一緒に、静岡で青果店「紅光(http://www.benikou.com)」を経営していらっしゃる杉山さんも自慢のトマトを持参 で来ていただき、当店の「徳谷トマト」「狼桃」との食べ比べ!

それぞれ、特徴があってとっても美味しかったですよ!!


約1時間ほど、取材というよりトマト品評会をしたあと、当店より約10分のところにある徳谷の産地へ。

(私個人としては是非「狼桃」の産地へ行ってもらいたかったのですが、なにせ日帰りで時間がないということで・・・)

徳谷の産地は、生産者は12名。その中の1件の農家さんが取材に応じてくれました。
徳谷の特徴は、なんと言っても土壌が「塩分」を含んでいるため、高糖度のトマトが栽培できる!ということです。

「土壌に恵まれちゅうき、特別なことはなんちゃあしちゃあせんで」

と謙遜されてましたが、日々の研究がきちんと商品に反映してましたよ!

徳谷は土壌に塩分が含まれているため、今まで、スイカを作っては大きくならず、 キュウリを作っては、真っ黒なキュウリができ、最後にたどり着いたのがトマトだと いうことです。


今回、思ったのは、やっぱり「美味しい!」と評判の作物を作っている農家さんは、
皆さん「日々の努力を惜しんでない!」ということですね!!!

私の知っている、
「狼桃」の野中さん、「完全無農薬野菜」の山下さん、「減農薬メロン」の高橋さん、
皆さんともに毎年、「もっとこうすれば良い(美味しい)作物がつくれるんじゃないか?」
と常に探究心をもっていらっしゃいます。

そんな、こんなで約4時間、大変お疲れ様でした!

皆さんも、色んなトマトを食べて、ご自分の究極のトマトを探してみてはいかがですか?