高知産 水晶文旦・ハウス文旦
(水晶文旦 出荷開始!)


高知の文旦の季節の始まりです!

年内はハウス物、年が明けて1月中旬〜下旬頃から露地物になります。

ハウス物は大きく「水晶文旦」「ハウス文旦」です。

特徴としては「水晶」は非常に皮が薄く、甘味が強いです。そして、名前のごとく水分がいっぱいです!
文旦初体験の県外の方は食べやすいと思いますよ!!

「ハウス文旦」は11月頃から出始めます。水晶に比べて若干の酸味があり、露地文旦を食べ慣れた方からも納得のお歳暮によく使われる商品です。

ヘタの部分を少し切り落とします。 その部分からオシリの方に、皮の部分だけに切り目を入れ、皮をむきます。 実を採り、袋をはいでお召し上がりください。


水晶文旦は、色付けをしていないグリーン↓ と      色付けをした黄色→ 
2種類があります。出荷時、味の良い方を出荷させていただきますね。