天魚(あめご)の食べ方

アマゴはくせが無いので色々な料理ができそうですが、参考までにいくつかの料理をご紹介します。参考にして色々試してみてください。

煮つけ(成魚)

酒 砂糖 醤油 みりん で煮つけました。お好みで砂糖と醤油の量は加減します。

 

 

 

 

 

唐揚げ(稚魚)

塩コショウをしたももに片栗粉または小麦粉をまぶして唐揚げにしました。

 

 


 

 

南蛮漬け(稚魚)

片栗粉をまぶして揚げたものを野菜と南蛮酢(酒・砂糖・醤油・酢・みりん)に漬けます。

 

 

 

 

 

イクラ丼(卵)

イクラをお好みで 
ワサビ醤油
ポン酢
醤油漬け(昆布だし・酒・醤油・みりん)
いずれかの冷やした煮汁に漬けこみます。


 

塩焼き(成魚)

これはもう定番中の定番ですね。
塩は多めにまぶした方が美味しいと思います。がぶりとかぶりつくのが一番です。

 

 

 

 

 

イクラ寿司(卵)

イクラ丼の時と同じで良いのですがワサビ醤油をさっとつけても美味しいです。

 





 

 

お味

全く臭みがありません そして骨が丸かじりOKの柔らかさ

実は私はどちらかというと川魚が苦手な方ですが、今回試食して川魚のイメージが一変しました。稚魚も成魚も臭みを全く感じることなく、稚魚は言うに及ばず成魚の骨も驚くほど柔らかいです。頭から丸かじりをしても全く骨を感じないほどでした。稚魚は天ぷらや唐揚げ、成魚は塩焼きで食べましたが「この美味しさを伝えたい!」という感じです。